作庭・剪定・管理 木下造園
ホーム » 施工事例 » 作庭・造園 » 路地の庭 ツツジの密植を山の雰囲気を感じる自然なお庭にリフォーム

路地の庭 ツツジの密植を山の雰囲気を感じる自然なお庭にリフォーム

ClipboardImage
ClipboardImage

施工前の状況

既存の庭はツツジを密植してあり、変化があまりない状態の庭園でした。
ClipboardImage
樹木を整理し外回りの塀及び貯水槽を庭に馴染ませるため、塀には杉皮を張り、貯水槽は建仁寺垣で目隠しをしました。

杉皮は立地条件が日陰なのでもちがよく、また植物との調和がうまく取れます。

貯水槽の目隠しは杉皮塀と調和がとれ、変化を付けるために建仁寺垣にしました。また、人の視線の位置を考慮して高さをきめてあります。
ClipboardImage
露地の庭の虫食いの延段から飛び石への繋ぎの部分です。虫食いの延べ段では、山の険しさを表現するため、わざと平らではなく起伏をつけてあります。
ClipboardImage
露地の末端部分の写真です。露地を抜けるとその先には山の雰囲気が出るようにあまり飾らない落ち着いた配植を行っております。
ClipboardImage
奥行きを感じられ、庭の全体を観る事ができる位置の写真です。全体が一つに纏まり、植物同士の関係性、石との関係性の調和がとれているのがわかります。

また、灯篭が植物と馴染んでおり、灯篭が柔らかい雰囲気を出しているように感じられます。
ClipboardImage
通路に庭木戸を設置した写真です。

眺める場所から室外機が見えないように高さを調整し、庭全体と馴染むように木戸は繊細な仕上げとしました。


ホーム » 施工事例 » 作庭・造園 » 路地の庭 ツツジの密植を山の雰囲気を感じる自然なお庭にリフォーム