作庭・剪定・管理 木下造園
ホーム » スタッフブログ » 2019年源流庭

2019年源流庭

IMG_5579
梅雨に入り、仕事は捗りませんが、植物はシャキシャキと元気に生育しています。
源流庭の苔もいい感じに馴染んでおります。
東京には湿度がないから苔は難しいと思っている方がとても多く感じます。
しかし、この源流庭だけでなく、苔が生育できる場所はたくさんあります。
苔の生育条件として日照と風通しが大きな要因ですが、肥沃な土壌(関東ローム層)でないことも一つの要因だといえます。
苔は肥料分のない砂地や岩の上に生育している事を見かけます。
また、路地のコンクリートの上にスナゴケが生育していたりします。
苔を生かすのは適切な環境が大事です。また、美観を追求する上で庭全体のバランスもありますが木漏れ日がチラチラと動きがある庭に馴染むと思います。
この写真に写る土木、給排水工事、設備、石工、宮大工、左官、防水、植栽、いろいろ施工させていただき、毎年お手入れに入るのが楽しくてたまりません。
水の流れる音も自然の匂いも、やっぱ植木屋っていいなっと改めて思います(^^)


コメント

コメントを書き込む