作庭・剪定・管理 木下造園
ホーム » 施工事例 » 神社仏閣 » 中野区・源通寺 源流庭・外界〜アプローチの仕掛けと土塀の窓から観る内界

中野区・源通寺 源流庭・外界〜アプローチの仕掛けと土塀の窓から観る内界

IMG_2678
三和土のアプローチに咲いた石の花。
歩く人を飽きさせず、楽しめる工夫を土の道のあちらこちらに設けています。


IMG_2675
土塀の表面は綺麗さではなく、荒っぽさを出し、自然に近い状態になるように心掛けました。

土塀の中に不整形な泥の窓=覗き穴を設け、穴の中には晒竹を不規則に結束し、藤ヅルを絡め線と曲線を交えた額縁を入れました。
アプローチから内界をちらりと見せる工夫です。


IMG_2754
一つの景色にすると同時に少しだけ観える内界の様子。
観える景色は石と下草が覗く自然な雰囲気で、あえて滝または流れが見えない位置にしました。この場所は外界のアプローチを人が歩き、曲がって土塀が目に入った所に設けています。
成人だけでなく、子供さんも覗ける高さに配置しました。


IMG_2683
土塀と石積みの間にある隙間です。

外界と内界を完全に区切るのではなく、ちょっとした隙間を造り、少し繋がりを持たせました。
この土塀がある事により内界と隔てられた外界からも滝の音、流れの音を聴き、隙間からのぞく緑を見る事ができます。
内界の様子がどのようになっているのか、何があるのかをイメージし、歩く人の好奇心を掻き立てます。


IMG_2684
壁と石積みの間の空間には、内側にある植物の環境を良好に保つ効果もあります。
風を通し、蒸れを防ぐことで生き生きとした植物の姿を目にすることができます。


h_IMG_2682
歩きながら覗かれる土塀と石積みの間のそれぞれの景色は、植物と石の選定し変化を持たせました。